メイン画像

高齢者向けの賃貸は富裕層が

一般的に不動産の購入者と言えば富裕層ですが、こと、高齢者向け不動産についてはその枠組みが少し違っています。持ち家はあるけれど、実際には売却したくても容易に買い手がつかない、手元資金が不足している高齢者が大半で、不動産も購入するよりは賃貸に人気があります。富裕層だけを対象としていても、同じように高齢化の悩みはあるので、様々なサービス内容をよく検討する必要が有ります。資金があっても、高齢者の入居を断る家主もいる中、高齢者向け不動産で人気が高い物件は、高齢者円滑入居賃貸物件とされていて、高齢者であっても断る事が無く、介護サービスは付いていないタイプです。介護の保険適用外サービスがついている物件は、高齢者専用賃貸住宅であり、介護保険が適用される物で事業者の登録をしている場合は有料老人ホームに該当するものになります。高齢になってくると、保有する不動産の管理が不安な事が多いので、その点に着目したリバースモーゲージをする利用者が増加する事が見込まれています。リバースモーゲージとは、保有する不動産を担保に銀行などが老後の資金を返済繰り延べ融資し、死亡時に一括返済する事で、数種類の方法があり、毎月利息分を返済していく形式となっています。また、その保有不動産を賃貸する事も一部で認められていて、高齢者にとっての年金以外の収入プラスアルファという役割が期待できます。高齢者にとって自宅に住み続けるには、段差や階段などのリスクを考えなければならず、この選択肢によって自宅に住む以外に行動範囲が広げられる事になります。加齢による不安を減らしたうえ、資金面でも信頼できる銀行などのサービスを活用できるので、注目度の高い例となっています。介護サービス付き住宅と、資金の管理も依頼できるタイプの高度なサービスが提供できる事業者もあり、選択肢は広がり続けています。そして、各地域によってサービスの質が違うので、自分が納得できる事業者をみつけておきたいものです。

高級志向の高齢者にはうってつけの物件も

仕事を定年退職し、ゆとりある生活を送っている高齢者の方々のなかには、高級志向が高い方も多いです。仕事に励んできたぶん、第二の人生をスローライフで豊かなものにしたいという理由が多いようですね。そんな方にうってつけの物件が数多くあります。所謂高級物件を豊富に取り扱っている不動産会社なら、かならず満足のいく物件が見つかるのではないでしょうか。マンションコンシェルジュが常に待機しているマンションなら

続きはこちら⇒