メイン画像

介護が必要な高齢者も入居できる

現代社会において問題になっている少子高齢化。核家族化がすすみ、老老介護や介護施設に入居したくても出来ない現実があります。  不動産業界でも、この高齢化に対し柔軟な対応がこれから必要となるのではないのでしょうか?高齢者が安心して入居できるような物件、例えば足が不自由な人の為のバリアフリー改修や、アパートなどは、1階部分は高齢などの方を優先にしたりなど、いかに住みやすく、QOLの質を下げないで生活をしていくのか、これからの高齢化には、不動産業界も深くかかわってくるのではないかと思います。  衣、食、住、これらは生きていくうえで欠かせません。また、QOLと住は深いつながりがあります。その中で住を担っている不動産業界。高齢化が進む中、どう対応していくか、介護が必要とする側、はもちろんする側の立場を考えて、いかに入居し生活がしやすいようにしていくのか、大きな課題です。また、そこをクリアすることにより、不動産業界の新たな道が広がることでしょう。