メイン画像

介護付きのマンションだってある

現在の日本は団塊の世代が高齢になったことなどから、全人口に占める高齢者の割合が非常に高くなっています。そうしたことを背景として最近の不動産物件の中には特に高齢者を対象にしたものもあります。そうしたものの中には介護施設のように介護付きのマンションなども販売されています。老人ホームなどの介護施設と異なるこれらのマンションの特徴は、自宅で介護を受けることができることです。介護施設ですとあくまで他人の建物の所有する建物に住んでいるために、どうしても心からくつろぐことができないこともありますが、介護付きのマンションなどの物件ならば自宅という安心感から、よりくつろいだ気持ちで介護を受けられます。こうした不動産を扱っている会社の中には介護を他の会社に委託するのではなく、自分たちで介護の会社を設立して介護を行っているようなところもあります。また家の中では介護が難しいような重度の介護が必要になった場合などにも、専門の施設などを紹介してくれるところもあります。一方で高齢になると身体に不調をきたすことも多くなりますが、高齢者向けの不動産の中には病院などの施設が充実しているところもあります。施設の近辺に病院があるようなところだけではなく、施設の内部に専用の病院が建設されているような物件もあります。高齢者が特に利用する機会の多い内科や歯科などが設置されているところや、より総合的な診療が受けられる病院が設置されているようなところもあります。またこうした高齢者向けの不動産の中には定期的に健康診断を実施しているようなところもあります。定期的に健康診断を受けることで身体に異常が発生した場合でも、早めに対処できます。施設内に病院がない場合でも近所にある病院まで専用のバスが運行されているようなところもあります。万が一のときのために看護士が建物の中に常駐しているマンションもあります。健康に関する相談などをすることができるところもあります。

介護が必要な高齢者も入居できる

現代社会において問題になっている少子高齢化。核家族化がすすみ、老老介護や介護施設に入居したくても出来ない現実があります。 不動産業界でも、この高齢化に対し柔軟な対応がこれから必要となるのではないのでしょうか?高齢者が安心して入居できるような物件、例えば足が不自由な人の為のバリアフリー改修や、アパートなどは、1階部分は高齢などの方を優先にしたりなど、いかに住みやすく

続きはこちら⇒